ニキビが治ったその後の透き通った肌を目指して

薬局のベルリアンを使ったら、どこまでキレイになれますか?」

 

よくこう聞かれることがあります。

 

これは簡単にはお答えできないのですが、ニキビに関しては使い続けるうちに、必ずできにくくなります。

 

でもまったくできないかというとそうではありません。

 

私も今でも脂っこいものを食べたりすると、ときどきポツンとできることがあります。

 

でも独自化粧品を使うと、確実にできにくくなりますし、キレイなお肌を取り戻すことができるということは、自信を持っていえますニキビ跡についても,状態によっては時間がかかるかもしれませんが、かなりキレイになり、目立たなくなっていきます。

 

自分が本当に独自化粧品でキレイになりましたし、独自化粧品を使ってくださっているお客様、皆さんがキレイになっていくのを,私は数え切れないほど見てきました。

 

でも、その後, つまりニキビ、ニキビ跡が治った後が実は大事なんです。

 

若いうちに正しい化粧品を選ぶ目を持ち、正しいお手入れを続けていれば、ただニキビ、ニキビ跡がないというだけではなく、その先にさらに透き通った美しい肌を手に入れることが可能なのです。

 

40代, 50代、さらにはもっと上の年齢になったときに、同世代の人よりも、若く美しいお肌を保つことができるのです。

 

若いうちはあまり差はないでしょうが、40代50代になってくると、”個人差”ってすごく大きくなるんです。

 

また年齢を重ねるごとに素肌がキレイであることの意義がわかってくるものなんです女性にとってお肌は本当に大切なもの。

 

女性はお肌がキレイになれば、自信という強い味方を伴って、驚くほど美しく変化することが可能になります。

 

それはきっと皆さんの予想以上。

 

「想像を超えたキレイな私」がそこにはいるはずです!私自身あれだけひどいニキビ、ニキビ跡がここまでキレイになって、今では「お肌がキレイですね」とほめていただけるまでになりました。

 

だから今は、ニキビの頃と違い、とても明るい気持ちで、ポジティブにもっと上の キレイ を目指せるんです。

 

若いうちは、素肌の美しさの「本当の価値」はわからないでしょう。

 

ニキビがあるかないかの違いはあるにしても、肌の美しさそのものには、それほど個人差がないからです。

 

それよりも,お顔の造作やスタイルなどで美しさを競いがちなのが若い世代といえますでも40代, 50代になると、この美のポイントが変わってくるんです。

 

この年代になって「キレイ」といわれるには、「肌が美しいこと」が絶対条件だと私は思います。

 

ミセス世代になってくると、どんなに上手なメイクをしても、美しく装っても、お肌が汚ければ輝く素肌は勝ち取れないんです。

 

年齢を重ねれば重ねるほど、素肌美の価値は生きてくるものであり、清潔感あふれる白く輝いた素肌は、女性として何よりの宝物となってくるでしょう。

 

さらに,いくつになっても美しい素肌を保っている人は、大げさにいえば,その人の生きる姿勢までもプラスの評価を受けるものではないでしょうか。

 

肌が美しいということはいろいろな意味で自分をメンテナンスする術を知っている賢い人であり、人に対してもキメ細かい気配りのできる魅力的な女性として受け入れられることでしょう。

 

今は若い皆さんも, いずれは必ず年を取ります。

 

そして年齢を経るごとに、素肌がキレイであることの意義が、本当により深い部分でわかってくると思います。

 

40代、50代、さらにそれより上の年代になったときに、女性として、より輝いているために、あなたも今日から美しさへの第一歩を踏み出しましょう。